2024年6月12日(水)13日(木)
ツチプロリーディングアクト公演vol.4
『白い病』


□ NEWS
2024.5.3
ツチプロリーディングアクト公演vol.4『白い病』公式サイトオープン



チラシ表
※タップすると大きく見られます


チラシ裏
※タップすると大きく見られます



■ ストーリー
21XX年の世界で突如流行り始めた未知の感染病。 大理石のような白い斑点が体のどこかにできたが最後、人は生きながら腐敗してゆく。 パンデミックに伴う世界恐慌が巻き起こり、世の中が戦争へと突入していくさなか、特効薬を発見したという一人の女性医師が現れるが・・・。


□ キャスト

小沢まゆ
ガレーン医師 役


近童弐吉
大統領(某国の元首)役


咲貴
アネット(大統領の孫娘)役
とある家族・娘 役


大村浩司
記者 役
※他役あり


宇佐見 輝
クリューク補佐官(クリューク会長の孫息子)役
※他役あり


梛木侑子
ナレーション


山田大地
とある家族・息子 役
※他役あり


じぇれ
警察署長 役
※他役あり


土屋 士
? 役


池上リョヲマ
クリューク会長 役
とある家族・父(クリューク社子会社経理)役


小飯塚貴世江
ジーゲリウス理事長(国立リリエンタール病院)役
とある家族・母 役


■ 企画概要
廃棄予定だったアクリル板をつなぎ合わせ(約2m×2m)、ホログラム(立体映像)を投影し、舞台映像装置として再生!
廃棄予定のアクリル板を舞台映像装置として再生させ、新しい芸術体験を創造します。
感染症をテーマとした原作を脚色!
1937年に発表された戯曲『白い病』は、スペイン風邪(1890〜1938年)の流行を目の当たりにしたカレル・チャペックが、第2次世界大戦の直前に書いた作品です。今回、設定を近未来に組み替える脚色を行うことで、コロナという過去を振り返りつつもこれからの未来の可能性を考える、<今ここ>を見据える内容となっています。

リーディングアクトで生身の俳優が持つ能力、存在感をライブで体感してください!
リーディングアクトとは、朗読劇と同じく手元に台本を持ちながらも基本はマイク前の立ち姿だけで繰り広げられる、ストレートプレイのような空間づくりを目指した表現方法です。通常の朗読劇とは異なるツチプロのリーディングアクトで、「人間が人間を演じる職人」である俳優の能力・存在感を劇場で体感してください。


□ スケジュール
2024年6月12日(水) 19:30〜
2024年6月13日(木) 13:00〜/18:00〜
※開場は開演の30分前となります。


■ 場所情報
南青山MANDALA(マンダラ)
東京都港区南青山3-2-2 MRビルB1
地下鉄銀座線・外苑前駅より徒歩約5分

お問い合わせ
TEL:03-5474-0411
MAIL:aoyama@mandala.gr.jp


□ チケット情報
前売り 3,500円+1drink別
当日  4,000円+1drink別
U25  2,500円+1drink別

2024年6月12日(水)チケットを見る


2024年6月13日(木)チケットを見る



■ スタッフ
原作:カレル・チャペック(1890〜1938)
翻訳:阿部賢一(東京大学准教授)


映像装置制作・映像ディレクション:坂根大悟


脚色・プロデュース:中島晴紀


キャスティング・演出:土屋 士

映像制作:OX・msr tainaka

アクティングアシスト:小飯塚貴世江
公式サイト・宣伝美術:チーム絵心
協力:協力:早川玲奈 / 落合貴之 / 白田悠太 / 橋本一郎 / 津山朋広 / 有限会社 岸本工業
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】


企画製作:ツチプロ


□ SNS
#ツチプロ白い病

     


■ お問合せ
本イベントに関するお問合せはtsuchiproinfo@gmail.comまで


戻 る